読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化猫のつぶやき

主に育児についてつらつらと。ほぼ備忘録です。

帰宅と今回の反省点

2泊3日の金沢旅行を終え帰宅しました。娘さんを連れての初の温泉旅行は、行って良かったけどかなり疲れました(´・ω・`)。概要と今後に向けた反省点の記録です。

 

旅行概要

お宿は和室&娘の布団は無し(添い寝)で予約。時期の関係で「ここがいい!」という宿が無く、結局温泉施設の充実したお宿に素泊まりをする形になりました。おかげでお風呂は非常に楽しめたのですが、素泊まりは少々大変だったかなぁという感想です。

外出はなるべく半日で切り上げ、外出先でも抱っこから降ろせる場所があればなるべく下ろしてあげるように心がけました。やはり最近ハイハイ出来るようになった分、長時間抱っこだと自分で動きたいという欲求が満たされないので。必然的にのんびりペースで、周れる箇所も限られるので、やはり夫婦二人の時とはガラっと変わってしまいますね。

食事は離乳食のお弁当(80g×2がセットになったもの)を5食分用意して持参しました。全食分持参すると重いので、朝食は買ってきたパンを食べさせればよいかなと。外食についてはカウンターだけとかじゃない限り、割と慣れてきたかなぁという感じです。

移動については前もってバスの路線やベビーカーの貸出を調べておいたのが役立ちました。また、宿を安く抑えた分、しんどい時・急ぐ時はタクシーも積極的に利用。レンタカーを借りるのとどっちが良かったのかは正直分かりませんが、不慣れな運転をするよりは良かったかな?

 

反省点

  • お布団は与えるべし

普段はベビー布団に一人で寝ていますし、寝相もかなりすごいので、ケチらず娘の布団も用意するべきだったなぁと。布団の横に座布団を並べてしのぎましたが、横に寝る私の方が眠りが浅くなるし、娘も私が邪魔で寝返りできずに泣き出したりと残念な結果になりました。

  • 夕食は部屋食か宿から近いお店にすべし

やはり夜は親としては美味しいごはんを食べたい訳で。素泊まりにした今回、1日目は予約したレストラン、2日目は宿に併設の食事処で食べたのですが、1日目は移動が大変(お店自体は大満足だったんですが、そこまで行くのに往復1時間…)、2日目は食事内容が残念、とどちらも悔いの残る結果になりました。

7時前後に晩御飯→8時お風呂というスケジュールをなるべく崩したくないのと、周りのお客さんや店員さんに気を遣わなくて済むようにと思うと、夕食は部屋食にした方が良かったなぁと。部屋食なら食べ終わって退屈した娘さんが遊んでても平気ですし。それが無理ならせめて宿から近いお店で移動のストレスを減らすべきでした。

  • 手づかみ食べできるものを用意すべし

ベビーフードも特に選り好みせず食べるタイプだと思っていたのですが、今回思いのほか食事中にぐずることが多かったです。朝ごはんのパンはご機嫌に食べていたので、自分で食べたい欲求が強いのかもしれません。自分でフォークやスプーンを扱えるようになるまでは、外食時は手づかみ食べメニューにしたほうが無難な気がしました。

  • おむつ替えポイントも把握すべし

外出中お昼ご飯に適当に入った飲食店でそれまで寝ていた娘さんが目をさまし、ご飯の前におむつを替えておこうとしたところ、付近におむつ替え設備がなく、おむつ替えスペースを探すために15分ぐらい彷徨うことになってしまいました。その時居た場所が小さなお店が集まる地域で、大き目の商業施設や駅などがなかったのが敗因でした。

都内だとちょっと歩けば基本はビルやら駅やらがありますので、これはほんと想定外でした。授乳スペースならともかく、おむつ替えスペースを探してあっちこっち走り回るのはほんと半泣きでした。駅周辺や主要観光地周辺は心配ないとして、ちょっと外れた場所に行くときは、その付近で「ここなら確実に替えられる」というスペースを一つはチェックしておくのが安心だなと身をもって体感しました(´・ω・`)

 

まとめ

バタバタはしましたが、見たかったものを見て、食べたいものも食べて、温泉にも浸かって親二人は楽しめたかなと思います。

娘さんはまだ多分何見ても分からないでしょうが、それでも行く先々で関わる方に笑顔を見せてくれてたので、ご機嫌は良かったかなと思います。ただ帰りの新幹線内から熱が出始め、帰宅後は38℃・・・疲れからか、直前に立ち寄ったキッズスペースで何かもらったか、その辺りは定かではないですが。とりあえず食欲はあり、機嫌も良いので今晩は様子見しつつ、明日熱が下がらなければ病院ですorz

まぁそういうのを気にして家に引きこもってるわけにもいきませんし、何事も経験だと割り切ることにしました。今回の反省点は次に活かして、疲れすぎず楽しい旅行ができるようにしたいですね。