読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化猫のつぶやき

主に育児についてつらつらと。ほぼ備忘録です。

第二子産まれました!促進剤での出産レポート

第二子となる男の子を無事出産し、本日退院してきました。

自然陣痛を待つ予定だったのですが、娘さんのお世話の関係で予定日を超過したくなかったので、急遽計画分娩へ。初めての促進剤での出産となりました。

記憶が鮮明なうちに、どんなお産だったかをレポートしてみたいと思います。

 

入院まで

38週・39週検診では子宮口は柔らかくなってるけど開いてはない状態。しっかり歩いて家事して、と言われたので毎日階段を20往復し、娘さんを遊びに連れ出すついでにお散歩してました。ですが結局入院日の数日前から明け方や夜中に前駆陣痛はあったものの、おしるし等はなく、陣痛が来ないまま入院の朝を迎えました。

入院~陣痛開始

39週5日、当日朝一で入院し、内診で子宮口の開き具合を確認。全く開いていなかったのでまずバルーンを挿入することに。着替え等を済ませて処置、バルーンの挿入自体が刺激になって自然に陣痛がつくこともあるそうなので、1時間の様子見開始で一度病室へ。

病室は個室でとっても綺麗!前回は総合病院だったので、余計に待遇の差を感じました。個室なら娘さん連れてのお見舞いも気を遣わなくて済みますからね。やっぱりその辺りのことを考えて選ぶ方が多いのか、他の方も二人目・三人目の方ばかりでした。

1時間後、促進剤の投与開始。直後から弱いものの5分程度の間隔で陣痛が来はじめました。

陣痛開始~分娩

すぐに2分間隔まで狭まるものの、強さはそれほどでもなく、お昼ご飯も食べられるくらいでした。開始2時間の内診で子宮口が4cm、やっとバルーンが抜けました。促進剤は徐々に量を増やして、開始から3時間くらいで最大量に。ですがずっと2分間隔のままなかなか痛みがつかない(;・∀・)付き添いに来た母と談笑できるレベルでした。

開始から4時間、まだ子宮口が開かないため分娩室に移動して子宮口を柔らかくするお薬を追加。分娩台の上だと痛みが逃しにくいし、母は分娩室には入れないので付き添ってくれる人もおらず、なかなかしんどかったです。そのまま待機したもののやっぱり進まなくて、開始から5時間で人口破水。これでさすがに1時間以内に出てくるでしょう、と言われたのですが、、

開始から6時間でだいぶ痛みはキツくなってきたものの、子宮口は5cmで、お薬追加。そうこうしてるうちに、お仕事が終わった旦那さんが駆けつけてくれることに。着くまでに産まれるかどうか、微妙なところのままひたすら陣痛に耐えてました。

開始から6時間半で旦那さんが到着。痛みの間赤ちゃんが苦しくないように息を吸おうと必死になっていたせいで、逆に過呼吸を起こしかけてました。口元にタオル当てて必死に呼吸に意識を集中。旦那さんに手を握ってもらったり足がつるのをもんでもらったりしてるうちに、じわじわと痛みが増し、ようやくお尻が押されるお産直前の感覚が来ました。

分娩

隣のナースステーションで談笑してた助産師さんを旦那さんに呼んでもらい、内診。子宮口は8cmで、ようやく「お産始めましょう」のお言葉がもらえました(`・ω・´)

体勢を整え、しばらくいきみ逃し。助産師さんの合図でいきみ開始!もうここら辺からは痛みで無我夢中でしたorz

3回目辺りで頭が出始め、4回目で頭が半分、5回目で頭が出て、いきむのはおしまい。あとは呼吸を整えつつ体が出るのを待つ・・・もう疲れ切ってて目閉じてはーはー言ってたのですが、「もう出てくるよ!下見てー」と言ってもらえて最後の最後出てくるところはしっかり見れました!

旦那さんは後ろから頭支えてくれたり汗ふいてくれたり声かけてくれたり。思いがけず立ち合い出産ができたのは本当によかったです。

産まれてきた息子君はすぐ元気に産声を上げてくれて、一安心。第一印象は「あー娘さんの時より髪濃いなぁ」でした、、我ながら変なところを気にしてるw

分娩後

しばし紙越しに抱っこして、旦那さんも一緒に記念撮影。その間はほんと痛みも何もかも忘れて、ただただ幸せで泣きそうになってました。娘さんの時もそうでしたが、やっぱりこの産まれた瞬間は格別ですね。。お腹の中に居る時よりも、一日経って落ち着いて抱っこしているときよりも、直後のこの時間が一番幸せで愛おしく感じる気がします。

息子君はそれからへその緒を切って、処置の為別室へ。私は胎盤がなかなか剥がれず20分ほど待機。。orz 分娩台に乗ってから1時間位経ってるので、足が攣りまくって大変でした。

ようやく胎盤が出てきて、裂傷の処置。切開はしなかったものの表面が裂けたそうで。。娘さんの時はこの縫合が一番痛かったのでまさに((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル状態でした。結果としてちゃんと麻酔確認しつつ縫ってくれたのでそこまで酷くはありませんでしたが。ということは娘さんの時は多分麻酔あんまり効いてないまま縫われたんだろうな・・・(;´Д`)

終わってみて

陣痛開始から分娩までは6時間と、多分早い方ではあるのでしょうが、2分間隔がずっと続いたのですごく長く感じました。当初投与開始から4、5時間で産まれるでしょうって言われてましたから、5時間の段階で子宮口5cmと聞いてちょっと絶望しかけました(;´Д`)

でも結果としてはできると思ってなかった立ち合い出産ができて、息子君はお父さんを待っていてくれたのかなぁと。分娩開始からはほんとに一気に出てきてくれましたし、出血量も少なく安産だったなぁと思います。

私が不在中の娘さんのケアも両親が揃ってる週末にできましたし、計画分娩にして良かったです。促進剤使ったからといってそうそうすぐに産まれてくるものじゃないというのも学習しましたがw

何はともあれ、3,020gとちょうどいい体重で元気に産まれてきてくれた息子君、仕事終わりにそのまま駆けつけてくれた旦那さん、良い子で待っていてくれた娘さん、娘さんのお世話をしてくれた両親、皆に感謝です。